2007年07月24日

今日のメニュー

7.24.1.jpg

今日の惣菜

・グリーンサラダ、ハニーマスタードドレッシング
・キャベツ、インゲン、アサリのマリネ
・根菜とチキンキーマカレーのソテー
・鶏ハツ、トマト、燻製玉子のサラダ、グリーンペッパーソース
・ズワイガニのフィッシュケーキ、グリビッシュソース

※5種の中より3種をお選び頂けます。

7.24.2.jpg

今日の主菜

・ハーブ風味のサーモンフライ、甘酢生姜ソース
・スズキのパン粉焼き、トマトクリームソース
・豚バラの柔らか煮、オニオンソース

※3種の中より1種類をお選び頂けます。

※ご飯はコシヒカリ(白米)かオリジナルブレンドの「雑穀米」をお選びください。


★今日の栄養素豆知識★

今日から数回に分けて基礎的な栄養学のお話をお送りしたいと思います。
まずは私たちの生命を支える最も重要な栄養素と言っても良い「炭水化物」からスタートします。
【炭水化物の分類】
単糖類・二糖類・多糖類に分類され糖質とも呼ばれています。多糖類に食物繊維も含みます。
単糖類・・・ブドウ糖、果糖など(果物)
二糖類・・・ショ糖(砂糖)、乳糖(牛乳)など
多糖類・・・でんぷん(穀類・イモ類・豆類・・・)など   ※カッコ内はそれを含む主な食品です。
【炭水化物の主な働き】
生命を支える主なエネルギー源です。1g当たり4kcalのエネルギーを生みます。
即効性のあるエネルギー源で脳・神経系に関しては唯一のエネルギー源です。
朝食を抜くと頭が働かないと言われるのはこのためで、糖質の摂取は眼覚めにも効果的です。
疲れた時や頭を良く使った時、スポーツの後の素早いエネルギー補給源として適しています。
糖質の中でも特に単糖類、二糖類は急激に血糖値を上昇させるので即効性のエネルギー源として有効ですが、
日常的な過剰摂取は糖尿病のリスクを高めます。また摂りすぎた糖質はグリコーゲンに蓄えられて空腹時のエネルギー源に活用されますが、脂肪にも変わるので過剰摂取は肥満や生活習慣病の原因にもなります。
逆に炭水化物が不足し過ぎると疲れやすくなったり、肝臓に負担がかかり、抵抗力を弱める危険性があります。
摂りすぎても不足しすぎても体の負担となりますので適切な摂取が望まれます。
基準としては一日の総摂取エネルギーの約60%、主にご飯やパンなどの穀類からの摂取が望ましいと言われています。
中でも未精白の穀類は血糖値の上昇を抑制しビタミン・ミネラルや食物繊維も補給できるので大変お勧めです。

お持ち帰り、店内でのお召し上がりはいずれも¥750(税込)です。

★お飲物ご用意しています。★
オレンジジュース、ウーロン茶、アイスコーヒー 各¥100(税込)
posted by assolato-nishiazabu-lunch at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のランチ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4799898

この記事へのトラックバック